自分軸で生きるために一番最初にすべきこと

HSP

他人のペースに合わせすぎて疲れがたまってしまう…

自分が他人に合わせすぎということにやっと気付けたのに、現実問題としてすぐに自分軸で生きるなんてできないし、無理やり自分軸で生きようとしても、それがストレスになってしまう。

HSPあるあるだと思います。

自分軸で生きようとするとストレスを感じてしまう

自分軸で生きることに意識をすると、「怒っている人がいても気にしないでおこう」とか、「食事会に誘われても断ろう」とか「定時に帰ろう!」などなど、他の人と関わることのなかで、今までやっていたことを、これからはやめていこう!というところから、はじめようとすることがあると思うのですが、変えるのは自分の行動であっても、相手がいることって難しいと思います。

自分軸で生きようとしたときにストレスを感じるのは、相手がいることで自分軸に挑戦しようとするからです。

相手がいることで自分軸に挑戦するのは、かなりの上級者向けだと思った方がいいかもです。

自分を整えてメンタル強化作戦

なので、まずは自分を整えることからはじめるのがやりやすいと思います。

想像してみてください…

整った自分は今よりメンタルが強い、メンタルが強くなった自分なら、あれこれ上手に断れるようになる。

ただでさえ難しいことに挑戦しようとしているのに、今の自分で挑むより、強くなった自分で立ち向かった方が、ダメージが少ないと思います。

そうなんです…他人軸で生きてきた時間が長ければ長いほど、嫌なら断ればいいのにってことを断るだけで、罪悪感を感じてしまって、悪い事をしているわけでもないのに、ダメージを受けてしまうんですよね…

それが生きづらさの原因の一つであることはわかっていますが、ここで自分を責めないで、罪悪感を感じる自分は悪くないし、優しい人間なんだと、自分が自分の一番の味方になってあげてくださいね。

メンタルが強い人ってどんな人?

メンタルが強い人って、おそらく高い確率で健康的な人だと思いませんか?

病気やけがをしたときに、気分が上がるという人はあまりいないと思います。

なので、まず「健康な自分」を作ること。

健康な自分を探してみる

「健康な自分」を作ると言われても、そもそも「健康」がわからなくなっていませんか?

私の経験ですが、マッサージに行った翌日に「え?健康な人ってこんなに朝から体が軽いの?」って思ったことがあります。その体験をきっかけに、もともと朝が苦手というほどではなかった私が、朝起きるのがつらいって感じるのは、「健康な自分」30%くらいなんだと思うようになりました。

そうなんです…今の自分の状態がよくわからないと、これが普通の健康なのか、ちょっと元気のないくらいの健康なのか、ぎりぎり健康って言って大丈夫な健康なのか、よくわからないんです。

健康な自分を見つけるためのきっかけとして、

マッサージ(整体・鍼灸)

サウナ・温泉・岩盤浴

ヨガ・フィットネス

ウォーキング・ジョギング

などをしてみて、体が軽いなぁと感じたら、今の自分は100%の健康ではなかったんだ…とわかるようになると思います。

自分の体と向きう

相変わらず、他人を優先してしまう行動が続いていても、それは決して自分を責めずにいてくださいね。

意識を「断れなかった自分」に向けるのではなく、それはそれでひとまず置いておいて、自分の首や肩、腕をさわってみて、硬く凝っているところはないか?朝の目覚めは良かったか?良くなかったとしたら、今日はサウナをして帰ろうかな?と、自分の体にしてあげられる健康なことに意識を向けてみてください。

自分の状態に気付く

自分の体と向き合っていると、気付かされることがたくさんあると思います。

例えば、サウナで汗をかいたら、自分の汗ってこんなにしょっぱいの?とか、マッサージを受けたら、こんなところも凝っていたの?とか、ヨガをしたら、え、こんなに体がかたくなっていたの?などなど、たくさんのことに気づきます。

気付くことができたら、それは今後の自分の課題になると思いませんか?

仕事の合間に軽く背伸びするようにしようとか、毎日ストレッチしようとか、深呼吸しようとか、自分にしてあげたいことが見えてくると思います。

毎日少しずつ継続して自分を大切にする

相手がいることで、自分軸でいることは難易度が高いと思いますが、自分の体を整えるために自分軸を持ってストレッチするのなら、簡単です。

生きづらさを感じてしまう自分を変えようとするのは、とても大変なことだし、なかなか変わることができなくて、また自分を責めての繰り返しで、どんどん心が傷ついてしまいます。

生きづらさを感じる自分を、「優しいからだよ、それも自分の良い所でしょ。自分優先でなんでも自分の都合で動く人より、まぁ疲れちゃうけど、人のペースにのまれちゃったなぁ~っていう自分、私はそういう自分が愛おしいよ。」って感じで思って、自分の疲れを癒すことを少しづつはじめてみると、生きづらさともうまく付き合えると思います。

先回りして防御するのは気疲れの原因

自分を大切にするために、これ以上仕事を増やさないように、これは断ろう!とか、今日は何があっても定時で帰ろう!とか、悪口がはじまったら話から抜けよう!とか、あれこれ先回りして対策をとっていては、気疲れするばかりだし、HSPさんは、先を予測することが簡単にできてしまうので、無限に先回りの対策に思考を奪われてしまいます。

それはそれで、結局は疲れる原因になってしまうので、人がいるときは無理に自分軸を意識せずに、いつも通りちょっと嫌だなぁ~と小さなストレスを感じながらやり過ごし、今日感じた小さなストレスを、今日の自分が体から流し出してあげる。

生きづらい自分が、今日を無事を生きたことを、自分がほめてあげる。

自分を大切にするということを意識をしはじめたばかりの人や、自分を大切にしているつもりなのにストレスがたまるばかりと感じている人に、参考になれば幸いです。

HSP
スポンサーリンク
HSPで歩こうよ。

コメント